読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨ニモマケズ。もっと地元を熱く知ろうぜ!

f:id:PSYuki:20170326225721j:plain

今日は雨でしたね。雨だとよくわからないけど、憂鬱な感じになるツムさんです。

 

ツムは「カタツムリ」のツムでもあるんですが、何故か雨との相性は悪いツムさんです。 

 

きっと、世の中には同じように雨の日は憂鬱になる人が大勢いるはず!

そんなあなたに、すっかり記事にするのをわすれていた、「晴れた日の多摩川沿いを歩いてみた」写真をお届け!

この写真で、憂鬱な気分も吹き飛ぶはずだぁ。

 

 

昭和53年世代には、

 

川崎って、

 

何かどこか暗いイメージが付きまとってません??

 

子供の頃、社会の授業で習った川崎は

 

ザ・公害

 

な街で、こんなところには住みたくないと思ったものですが、今は綺麗な街ですよ。

 

この日は午後から多摩川沿いを河口方面にずーっと散歩

 

写真の奥がJR川崎駅方面(多摩川下流)

f:id:PSYuki:20170326213342j:plain

上流側を望む

f:id:PSYuki:20170326213352j:plain

 

いい天気やなー

 

時間の流れがこんなにゆったり感じるのも、多摩川の雄大な眺めのおかげ。

 

 

多摩川沿いも今やマンションが立ち並ぶ

f:id:PSYuki:20170326213401j:plain

河川敷で遊んでいる子供たちも多い

f:id:PSYuki:20170326213412j:plain

f:id:PSYuki:20170326213431j:plain

 

ちょっとコーヒーブレイク。ここで川崎の歴史も少し紹介するよ。

JRや京急の橋を越えたところにある、六郷の渡し。今は想像できないけど、多摩川は昔は暴れ川だったらしい。

f:id:PSYuki:20170326213459j:plain

1600(慶長5)年、多摩川に六郷大橋がかけられましたが、1688(貞亮5)年の大洪水で流されて以来、1874(明治7)年まで、渡しが続けられました。1868(明治元)年の明治天皇行幸の際には船橋をかけ渡りました。現在は、碑と解説板が建てられています。 

 

地図で見ると丁度ココね。今は国道15号の六郷橋がかかっているけど、明治初期までは渡しがあったというわけ。 

 

 

この渡しで蒲田方面から渡ってきたところが、東海道の「川崎宿」。

 

 

多摩川沿いは梨畑だったんだそうな。 

f:id:PSYuki:20170326213509j:plain

 

写真奥に見えるのが六郷橋。ここまで結構歩いてます。

f:id:PSYuki:20170326221242j:plain

さらに下流側。

f:id:PSYuki:20170326221251j:plain

川幅も広くて、流れも緩やか。めちゃくちゃ癒されます。

まさか、川崎でこんな自然に触れるとは。f:id:PSYuki:20170326221340j:plain

 

川崎河港水門付近。

f:id:PSYuki:20170326221441j:plain

川崎河港水門の上には、川崎の名産、葡萄、梨、桃をモチーフにした彫刻がある。

f:id:PSYuki:20170326223146j:plain

川崎運河計画の一環として完成するも、社会情勢の変化により運河建設計画は中止され、部分完成していた運河はほとんどが埋め立てられ、運河は水門近くの船溜りとして残るのみとなっている。 

 いやー。勉強になりますな。ブログを書きつつ、歴史の勉強。

 

まだまだ、ずんずん進みます。

f:id:PSYuki:20170326223711j:plain

ネコ多し。

f:id:PSYuki:20170326223734j:plain

 

右手に味の素の工場をみながらどんどん進みます。

f:id:PSYuki:20170326223756j:plain

 

多摩川とお別れして、京急大師線を越えました。

 

おやおや、

f:id:PSYuki:20170326223841j:plain

 そうです、ここは…

f:id:PSYuki:20170326223927j:plain

川崎大師!!!

 

来たぜっ、川崎大師!!!

 

まさか、散歩ついでにここまで来るとは思ってもいなかったけど、今日は天気も体調も良くてノリノリで来てしまいました。

 

散歩の時間は約2時間およそ10Km。

散歩にしちゃ上出来です。

 

川崎が第二の故郷になりつつあるのに、川崎のことを全然知らないのはいかんですな。

もっと、

地元を知りたい!

学びたい!

遊びたい!

 

最後に、Google mapで望む川崎の街。

f:id:PSYuki:20170326224247p:plain

左に流れるのが多摩川。右に流れるのが鶴見川。奥が東京湾ね。

川崎は、多摩川と鶴見川に挟まれた、人と自然と工場群が織りなす素敵な街なのだ!