読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一体いつ終わるのか?Swift Playgroundsの中身が濃すぎる件

f:id:PSYuki:20170402232643j:plain

こんばんは。ツムさんです。

 

子どものプログラミング教育のためにと思い、AppleがリリースしたSwift Playgroundsに取り組んでいますが、一向に終わりません。

 

子ども向けなので、プログラミングといっても内容は易しいのですが、そのボリュームがスゴイ。

 

 

「基本コース」で取り組む内容は、クリアできているところまででざっと下のような感じ。

 

  1. コードを学ぼう1<簡単なコマンド>
  2. 関数<作業をまとめる>
  3. forループ<自分のコマンドを繰り返す>
  4. 条件分岐コード<予想外の状況になったときのために、どのように備えますか?>
  5. 論理演算子<もう少し具体的にできますか?>
  6. whileループ<まだ終わりませんか?>
  7. アルゴリズム<一度に1つずつ>

 

レゴのWeDoを使うセミナーでも、ループ(while)や条件分岐(if)というようなテクニックも使いますが、プログラミングにおける論理的な概念をきっちり教えているのは、圧倒的にSwift Playgroundsですねー。

 

レゴよりもSwift Playgroundsを推す理由は昔の記事をどうぞ。

 

psyuki.hatenablog.com

 

 

「アルゴリズム」の後にもステージが続くのかどうかは分かりません。

 

まだクリアしてないんですよ。

 

ステージ数を数えてみると、

 

  1. コードを学ぼう1 7ステージ
  2. 関数 7ステージ
  3. forループ 7ステージ
  4. 条件分岐コード 7ステージ
  5. 論理演算子 5ステージ
  6. whileループ 9ステージ
  7. アルゴリズムは取組中・・・

 

です。プログラミングの経験がある大人が取り組んでも1つのセクションで15分~30分はかかります。iPadを使ってタッチ操作でプログラムを組み立てるので、なれるまで少し時間がかかります。

 

 次回は、最初の「コードを学ぼう1」の中身(7つのステージ)を紹介します。