読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5GHz Wifiが切れるときはDFSを疑え。Wifiが切れる原因と対策をまとめました。

f:id:PSYuki:20170418134747p:plain

Wifiの接続が時々切れてしまう症状に悩まされていましたが、やっと直すことができました。

 

Wifiの接続が切れてしまう原因は、DFS(Dynamic Frequency Selection)でした。DFSの詳細は下のリンクに書いてあるので興味があればどうぞ。

 

 

psyuki.hatenablog.com

 

我慢しながら使っていたのですが、さすがにストレスなので、ルーターの設定を変更しました。

 

今まで5GHz帯のチャンネルには、52番を使っていました。

WindowsアプリのWifi Analyzerで見たのが下のグラフです。

アンテナマークがついている青色で52とマークされているグラフがウチのWifiの電波を表しています。52番ポートはDFSにバッチリ当たってしまう厄介なチャンネルです。

f:id:PSYuki:20170302224920p:plain

 

ルーターの設定を変更した後のグラフがこちら。青色のグラフは48番を指していますね。久しぶりに見てみると、5GHz帯のWifiが増えてる(2台⇒4台)。

f:id:PSYuki:20170418140137p:plain

 

ウチはマンションなので、ご近所さんのWifi電波がバンバン入ってくるんですよね。

2.4GHz帯も見てみたら酷い。。ウチはチャンネル11を使っているのですが、5,6,7番あたりは混んでますねー。

f:id:PSYuki:20170418140622p:plain

 

チャンネルを48番に変更してからは、通信は安定していて快適です。

 

チャンネル番号の変更方法は、ルーターの取説を見てください(^^;

Buffalo製のルーターなら、Webの設定画面から簡単に変更することが出来ます。デフォルトで自動設定になっていると思うので、固定の36/40/44/48chのどれかに変更するだけです。

 

5GHzのWifiがブツブツ切れて困っている方はDFSを疑ってみてください。