読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士を希望するなら押さえておきたい転職サイト

f:id:PSYuki:20170406001519p:plain

給料の低さや、劣悪な職場環境、モンスターペアレントによる精神疾患と、何かとブラックなイメージがついてしまっている保育士ですが、本来、保育士は幼児のお世話係ではなく、立派な「教育者」です。幼児教育が義務教育ではないため、保護者のイメージが一向に良くならないのが、保育士の地位向上につながらない根本的な原因だと感じています。

 

 

今年度も、日本全国、保育課の課程を修了した新人保育士さんが希望を胸に保育園に配属になっていますが、はっきり言って保育士の数は全く足りておらず、保育所を作っても保育士資格を持った先生が集まらないという全く笑えない状況になっています。

 

厚生労働省が保育士不足を解消しようと、保育士の資格を持っているだけの人に、保育士の登録を勧めていますが、給料の問題などが解消されない限り、登録しようとする気にすらならないという状況です。

 

保育士確保|厚生労働省

 

うちの妻も保育所で働いていますが、保育士の先生不足は深刻なようで、保育士資格を持たないパートに担任の一部業務をお願いしなければならない状況です。

ちなみに、保育士資格をもたない人が担任の一部業務を受け持つのは違法ではない。ということは確認済です。

 

遅々として進まない国の対応とは別に、まだまだ数は少ないのですが、民間では最近保育士の就職をサポートする転職サイトが次々とオープンしています。

保育所はその性質上、女性の割合が多く、勤務時間についてはことさら柔軟な対応を求められる業種であるのは議論の余地はなく、園児の数に対して何人という単純な計算で運営が成り立つようなものでもありません。

民間で、こういった情報を一手にまとめ、保育士を希望に少しでも合う職場を探せるのはとても良い取り組みだと思います。

 

保育マルシェ

 

このサイトは、登録とヒアリングまで済ませないと求人の紹介は受けられないシステムです。少し触れたように、保育士の労働条件は、一般的な企業で働くいわゆるサラリーマンとは異なり、保育士からの細かいリクエストが多いため、就職後のミスマッチが発生しないように、本人の希望を細かく聞くことに力を入れていることが推察されます。

保育士だけでなく、小学校、中学校、高校の先生の求人にも対応しています。

東京と神奈川限定です。

 

ほいく畑

 

このサイトは、先月新しく登場しました。保育マルシェが登録後に求人を紹介してくれる流れに対して、保育畑は登録しなくても求人を検索することができます。保育士の月給も掲載されているので、とても助かります。

f:id:PSYuki:20170405234845j:plain

検索してみると、こんな感じで出てきます。

うちの近くの地域の募集が多い。。川崎市はまだまだ人口が増えているエリアだからかな。

 

 

GlobalKids

 

 

GlobalKidsは保育士限定のサイトです。東京・横浜・千葉・埼玉・大阪が勤務地となります。

初任給も記載されていましたが、

東京都 186,000円~250,000円程度
神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府 180,000円~

※年齢・経験により異なります。

ということで、現実の厳しさを感じますね。ここは、保育士の研修にとくに力をいれています。

 

保育所の運営は、補助金に支えられている部分も多く、今まで保育所の情報は中々表に出てこなかったという印象です。身近に働いている人がいれば、内情は手に取るようにわかるのですが、問題が起きるまで誰も何も判らないという「日本ならでは」の業態だと思います。これからもっともっとこのような会社は出てくると思いますし、保育士の待遇も改善していってほしいですね。保育士を希望する人は上記サイトもチェックしてみてください。